国際機関への就職を目指す人へJPO派遣制度説明会を開催(4/16)

[ 編集者:総合企画部(大学企画・グローバル化推進担当)      2017年4月13日   更新  ]

 関西学院大学国際機関人事センターと外務省国際機関人事センターは4月16日(日)、大阪梅田キャンパスで「2017年度JPO派遣制度説明会」を開催し、JPO派遣制度の概要及び国際機関の採用制度等の基本的な内容の説明を行いました。JPO派遣制度を利用して、国際機関への就職を考えている大学生や大学院生、また社会人、53人が集まり、熱心に説明に聞き入りました。説明会後の質疑応答では、JPO派遣候補者採用試験に向けた具体的な書類の書き方、必要な資格、派遣される可能性があるポジションなどについて質問がありました。
 外務省は国連など国際機関の職員を増やすために一定期間、日本政府が費用を負担して国際機関に期限付き職員を派遣するJPO制度を実施しています。この制度を利用して経験を積めば、正規職員への道が開くこともあり、国連職員になるための有力な制度となります。
2017年度(平成29年度)JPO派遣候補者選考試験は2017 年5 月8 日(月)までが応募受付期間です。

関西学院大学は2017年度4月から大学院副専攻「国連・外交コース」を開設し、国連や国際機関、外交の分野で活躍することを目指す人材の育成をスタートしています。今後も外務省や国連機関と協力し、国連などの国際機関で働くためのキャリア支援や情報提供など積極的に行っていきます。

2017年度JPO派遣制度説明会

活動報告 バックナンバー