国際機関キャリアガイダンス「UNFCCCで働こう!」を開催(7/10)

[ 編集者:総合企画部(大学企画・グローバル化推進担当)      2017年7月12日   更新  ]

国際機関キャリアガイダンス「UNFCCCで働こう!」を開催(7/10)

関西学院大学国際機関人事センターと外務省国際機関人事センターは7月10日(月)、大阪梅田キャンパスで国際機関キャリアガイダンス「UNFCCCで働こう!」を開催しました。UNFCCC(国連気候変動枠組条約事務局)ボン本部の適応プログラム・オフィサー加藤美和氏をお招きし、UNFCCCの活動内容やパリ協定等の概要、国連職員になるための準備やキャリアパス等についてお話し頂きました。気候変動問題に興味がある方をはじめ、将来、国連等国際機関への就職を考えている大学生や大学院生、また社会人等26人が集まり、熱心に説明に聞き入りました。パリ協定策定にあたってのUNFCCCの役割や、加藤氏ご自身の経験に基づく国連職員のキャリアパス等をお話しいただき、気候変動問題をはじめ国連職員になるための準備や求められる能力等について活発に質疑応答が行われました。

大阪梅田キャンパスでの講演に先立ち、国際学部「外交政策論」においても「地球温暖化をめぐる多国間交渉とそれを支える国連職員」と題して加藤氏による特別授業が行われました。学生からは、パリ協定について理解が深まった、国連職員のキャリアパスを考えるきっかけになり非常に有益であった、との声が多数寄せられ、国連を身近に感じる機会となりました。

関西学院大学国際機関人事センターでは、今後も外務省や国連機関と協力し、国連など国際機関で働くためのキャリア支援や情報提供などを行います。

活動報告 バックナンバー