アントニオ・グテーレス国連事務総長講演会・懇談会に本学学生が参加

[ 編集者:総合企画部(大学企画・グローバル化推進担当)      2018年2月10日   更新  ]

2017年12月14日、国連事務総長に就任後初来日された、アントニオ・グテーレス国連事務総長の講演会および学生との懇談会が上智大学にて開催され、本学の学生が参加しました。

講演会後に行われた、事務総長と学生との懇談会には、国連アカデミックインパクトに加盟する13の大学から選ばれた約30名の学生が参加。本学からは、国連・外交コース履修生の織田雄太郎さん(国際学研究科 1年)と内藤早百合さん(総合政策研究科 1年)の2名が参加しました。国連事務総長の話を直接聞くことができる大変貴重な場で、織田さん、内藤さんともにコースでの学びを生かして積極的に議論に参加し、事務総長に直接質問することができました。

詳しい様子は、下記のサイトをご覧ください。

活動報告 バックナンバー