日本の国連加盟60周年記念事業 トークセッション「国連はどこへ行くのか:21世紀の国連と日本の役割」

[ 編集者:総合企画部(大学企画・グローバル化推進担当)       2016年2月15日 更新  ]

■日時: 02月 23日 (火) 16時 00分  ~  18時 00分


関西学院大学は、日本の国連加盟60周年を記念して、トークセッション「国連はどこへ行くのか:21世紀の国連と日本の役割 ~Quo Vadis United Nations ? The role of Japan and the UN in the 21st Century~」を開催します。

場所:国際文化会館 岩崎小彌太記念ホール(東京都港区)
話者:
 明石 康・元国連事務次長(2016年4月 関西学院大学SGU招聘客員教授着任予定)
 大島賢三・元国連事務次長(人道問題担当)、元国連大使(常駐代表)
 神余隆博・関西学院大学副学長(元国連大使・次席常駐代表、元ドイツ大使)

当日は岸田文雄・外務大臣にスピーチをいただく予定です。

内容の詳細や聴講申込方法等はリンクを参照ください。

イベント バックナンバー