トークセッション
「国連はどこへ行くのか:
 21世紀の国連と日本の役割」

[ 編集者:総合企画部(大学企画・グローバル化推進担当)       2016年2月15日   更新  ]

岸田文雄・外務大臣がスピーチ

日本の国連加盟60周年記念
元国連事務次長の明石康氏、大島賢三氏が登壇

2月23日(火)、国際文化会館(東京都港区)

この事業は外務省「日本の国連加盟60周年記念事業」に認定されています。

この事業は外務省「日本の国連加盟60周年記念事業」に認定されています。

関西学院大学は、日本の国連加盟60周年を記念して、トークセッション「国連はどこへ行くのか:21世紀の国連と日本の役割 ~Quo Vadis United Nations ? The role of Japan and the UN in the 21st Century~」を開催します。

(2月15日14時追記)当日は岸田文雄・外務大臣にスピーチをいただく予定です。
当初予定しておりました木原誠二・外務副大臣のご挨拶はございません。

(2月15日18時追記)一般の方の聴講申し込みは、定員に達したため締め切りました。
お問い合わせ等は、関西学院大学グローバル化推進室までお願いいたします。
(TEL. 0798-54-6144, unfa@kwansei.ac.jp)



日時:2016年2月23日(火)16時~18時
場所:国際文化会館 岩崎小彌太記念ホール(東京都港区)
話者:
 明石 康・元国連事務次長(2016年4月 関西学院大学SGU招聘客員教授着任予定)
 大島賢三・元国連事務次長(人道問題担当)、元国連大使(常駐代表)
 神余隆博・関西学院大学副学長(元国連大使・次席常駐代表、元ドイツ大使)
 (話者のプロフィールはこちらをご参照ください。)

スピーチ:岸田文雄・外務大臣
挨  拶:村田治・関西学院大学学長

主催:関西学院大学 後援:外務省、国連広報センター、日本国際連合学会
(一般公開、無料。英語への同時通訳付。)


UNHQ

2016年は日本が国際連合に加盟して60周年にあたります。
この60年、日本はどのように国連システムの運営と国連憲章の掲げる平和、人権、開発の分野に貢献してきたのか。
そしてこれから、国連は世界平和と人類の繁栄のために積極的な役割を担うことができるのか。そのために、日本は何をすべきか。
こうした問いに向けて、識者が意見を交わすハイレベルトークセッションです。

◆問合せ先:
関西学院大学グローバル化推進室(TEL.0798-54-6144 unfa@kwansei.ac.jp)